公務員、おうちを買うvol.3

ついに見つけた私たちの希望のマンションは。。。

なんと予算をはるかに超える最低価格4500万円以上、

駅から徒歩3分の新築マンションの一室でした。

まさに建設中。。。

想定範囲外笑

のちにそのマンションに10年住むことになるとは、その時は想像もしていなかったと思います。

まずはモデルルームに行きました。

全部が素敵で気に入らない訳ないですよね。

ずっと中古マンションを探してみてきたのですから。

当時、まだ若かったので逆に怖いものなしだったのかも知れません。

わたしの実家に相談しました。

もともと自宅を探しているのは賛成だったのですが、結婚したてで、貯金もほとんどないわたしたちには、到底無理な物件だったのです。

ダメ元で物件を一度見てほしいとお願いしました。

ここで気をつけていきたいのが、

今からおうちを買おうと思ってる方は親御さんにあらかじめ相談をしておくのが必須だとわたしは思います。

いざ動き出して、気に入った物件が見つかっても先立ってお話していないと、購入自体に反対に合うこともあるかもしれません。

そうすると、目の前にいい物件があっても、まず話し合いからすることになります。

これでは、効率がよくありません。

段取りよく進めるためには事前に話し合いをして、きっちりと理解をしていただきましょう!

さて、物件を見てもらったわたしは、どうだったか聞きました。

すると、まさかの

いいんじゃない?

住宅ローン組めない分は生前贈与してくれるというではないですか。

先に話しててほんまよかったーーーー!!

心の中でガッツポーズです笑

こうして、絶対無理だと思う新築のマンションを無事購入することができました。

引っ越ししたのは、妊娠6ヶ月の後半でした。

当時お腹も大きくなってきており、引っ越しは大変だなぁと思っていましたが、

今となっては、子供が産まれてからの方が大変なので、あの時期でよかったと感謝しています。

そのうち、今の一軒家についても書いていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

次回は、電車の中でふと感じたことについてお話しします。

 ASCASA PLUS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA