おうちは家族を守る武器にもなる

以前、公務員が一年目で住宅ローン組めた

という話をしましたが、

そんなに早く買うメリットってあるの?

と、お問い合わせがありましたので、

私なりにお家を買う魅力を

お話ししていきたいと思います。

団体信用生命保険をご存知ですか?

団体信用生命保険(団信)とは、

住宅ローンのご返済中に

万が一のことがあった場合、

保険金により残りの住宅ローンが

弁済される保障制度です。

住宅ローンを利用する場合には、

万一の不測の事態も考えなければなりません。

そのとき収入が激減すれば、

たとえ一般の生命保険に加入していても、

受け取った保険金を生活費に回さざるを得ず、

マイホームに住み続けるのは難しくなります。

そんなとき、団信に加入していれば、

万が一のときに、

生命保険会社から支払われる保険金によって

住宅ローンの残債務が弁済され、

残されたご家族に住宅ローンが残らず、

マイホームに安心して住み続けることが

できるのです。

(↑大手住宅ローン専門金融機関

アルヒ株式会社様のホームページより

抜粋させていただきました。)

親は自分たちにもしものことがあったとき、

子供たちが困らないように

生命保険など、かけますよね。

でも、もし賃貸に住んでいたら

どうでしょうか?

今まで通りの暮らしができますか?

万が一のときに残された家族は

笑って生活できているでしょうか?

私はそれを親から教わりました。

住宅は資産になるから、初めから買うべきだと。

実際子供が産まれて、もしものことを考えると、

買っていてよかったと思いますし、

もう少し増やしてもいけたらなぁと思っています。

次回は、最近住まいの給付金制度が変更に

なったことについてお話ししたいと思います。

いつも最後まで読んでくださり

ありがとうございます。

ASCASA PLUS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA